« おかえりRIKU | トップページ | RIKU 散歩デビュー »

2009年5月 7日 (木)

本当は苦手だった

私は動物が小さい頃から苦手でした。特に犬は幼稚園に行く途中にいる犬に手をガブッwobblyっとやられ、それ以来犬を見ると避けて通るようになってしまったのです。

猫は特別何かされたわけではないのですが、「目」が怖くて嫌いでした。とにかく人間以外の生き物は本当に怖かった…danger

でも、心の奥で触ってみたい・・・eye・・・と思っていたんです。でも怖い・・・。

そんなとき、動物好きの彼にペットショップに連れて行かれ、プレーリードッグのプリンこと「プーちゃん」に出会い、どんな動物を見ても愛らしく思うようになったんです。

027_2

024_3 プーは新橋でインタビューされる酔っぱらったサラリーマンみたいな風貌でした。性格ものほほ~んとしていて、公園で散歩していて、ワンコにちょっかい出されてもマイペースcoldsweats01

028_2                 

写真左 外を眺めるのが大好きだったプーの隣に上野動物園で買ってき      たプレーリーのぬいぐるみを立たせてみたら、どっちがどっちだかわから

なくなったbleah

ママのお仕事で日本全国津々浦々一緒にまわったよねhappy01散歩していてワンコの飼い主さんになんていう動物か聞かれて「プレーリードッグ」ですと答えると「犬ですか?」とよく言われたね。横浜の山下公園で散歩してたら、「あーっsign01つちのこだーsign03」という人がいて、大騒ぎになったけど、プーはマイペースhappy01

ゲージに入れ忘れて寝てしまったママが朝起きたらアルプスの少女ハイジになっていたね。ママの寝ている間に自分のゲージからせっせと牧草を運んだんだね。ママの周りが牧草だらけになっていて、しばらく理解できなかったよhappy02

ママが悲しいことがあってプーちゃんを抱っこして、泣き寝入りしたことがあった。起きるとプーちゃんがどこにもいなくて、「プーちゃん!!」って探し回ってもどこにもいなくて、涙をこすろうと腕を上げたらトレーナーの袖口から顔出して寝てたねbearing昨日のことみたい・・・。

025_2 写真左 1年後リンちゃんがきて、かなりしついストーカーをされ、噛みつかれていたけど、マイペースcoldsweats01

             

今年、8歳でリンちゃんがお星様になり、そのあとすぐに9歳でプーちゃんがお星様になりました。プーちゃんは白内障になり目が見えませんでしたが、耳はよく聞こえ、「クッキー」というとはしゃいでいました。老衰でもう駄目かなと動けなくなったプーに「クッキーだよ」と言っても反応しなくなり、でも口元にクッキーを置いておいてあげました。

プーちゃんの反応はなくなったけど、スヤスヤ寝ているようでした。

そう言えばクッキーがないな・・・sign02

プーちゃんを抱っこすると、小さくなったクッキーをくわえていましたcoldsweats01

プーちゃんはその翌日お星様になりました。最後まで笑わせてママを泣かさないように天国へ行ってくれました。動物を大好きにしてくれたプーちゃんに「ありがとう」ですm(_ _)m

|

« おかえりRIKU | トップページ | RIKU 散歩デビュー »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213184/29489021

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は苦手だった:

« おかえりRIKU | トップページ | RIKU 散歩デビュー »