犬のしつけ

2012年9月 5日 (水)

サスケどん変わったよ

長らくおさぼりしてまして
すいません。

その間に
あの!あのサスケどんが
なんと他のワンコがいても
穏やかに過ごすことが出来るようになりました。

夏休みに行った福島のキャンプが
サスケどんのオフリード記念日になりました。

右の赤い○がサスケどん。
左はもうまったく平気なスズ。

Photo

先日の西湖のキャンプの時も
一緒にいたワンコなんと20頭でしたが
コットの上でマッタリ。
ママがそばにいなくても大丈夫。
Photo_2

オフリードどころかロングリードすら付けられなかったサスケどん。
念のためロングリードつけて遊びましたが
ご覧の通りユルユル状態。
手前はお友達の宙ちゃんですが
まったく気にしないサスケどん。
Photo_3

ほぼあきらめかけてたサスケどんのノーリード。
こんな日が来るとは。。。。。
本当に嬉しくてたまりません。

ずっと変えてあげたかった首輪。
チョークチェーン卒業です
Photo_4

サスケどんにやってきたしつけ。
森田流、シーザー流、近所のしつけ教室で学んだというお友達からのアドバイス。
最終的にはこの3つのいいとこ取りをさせていただいたわけですが。

どれか1つでも欠けていたら今のサスケどんにはならなかったと思います。

森田先生、シーザーミランさん、そしてオママさんに感謝します。

ママは嬉しいよ~~~

| | コメント (8)

2012年2月16日 (木)

「ちょうだい」と「いらない」

時はう~んと遡り
アシュがお散歩デビューした頃
道路に落ちている石を食べてしまったり
食べ物でないものまで拾い食いをしていたので
なんとかやめさせる良い方法はないか?
と考えていました。

先住犬のココアがボール遊びが大好きで
よくボール遊びをしていたのですが

基本的にワンコとボール遊びとは
投げたボールを取りに行き
私の手にボールを置く
というものがボール遊びと考えているので
ココアともそうやって遊んでいました。

そのボール遊びの一連の流れの中で
いつも同じ言葉をかけていました。

それが
ココアがボールを一生懸命追いかけているときに
「ココア~ボール持ってきて~!」

ココアがボールを咥えてこちらに向かっているときに
「ココア~ボール持ってきて~!」

手に置くときに
「ちょうだい」と合わせて言っていました。

そうしているうちに
ココアはボール以外でも「それ持ってきて。」というと
それを持ってくるようになり
「ちょうだい。」というと手の上にそれを置くようになりました。
言葉を覚えたんですね。

そうか~
アシュにもこれを覚えさせよう。
アシュもまたボール遊びが大好きになりました。
そこでアシュが拾い食いしようと
口に咥えたときに
「アシュ~それ持ってきて。」
「ママにちょうだい。」と声をかけると
私の手の上に
拾い食いをしようとした物を置くようになりました。

ところがある夜のお散歩のときに
またアシュは口に何かを咥えています。
いつものように
「アシュ何持ってるの?ママにちょうだい。」と声をかけると
私の手の上に乗せた物は。。。

白骨化した猫の手でした。。。Σ((oÅO艸*)

私はしゃがんでいたのですが飛んで立ち、
手をブルブル振って
「キャ~~~ッ!」と悲鳴をあげましたshock

それ以来得体の知らない物を持っているときは
「ちょうだい。」といって手に乗せられるときには
気を抜かずサッと手を避けられるようにしたりしましたが
手の上に置けるし、口から出せるんだから。。。


今度は「いらない。」と声をかけたときには
咥えているものをその場で出す事を覚えてもらいました。
それ以来、声をかけるだけで出してくれるようになったので
もう、あのような思いはしないで済んでます(爆)

そうしているうちに
拾い食いもしなくなったのですが
未だにアシュは家の中でも何かを咥えて
自分の隠れ家に持って行って遊んでることはあります。

ですがそこでも「持ってきて~」「ママにちょうだい。」
この言葉がとても役に立っています。

この言葉をかけると
うちのチビたちはママと遊ぶんだと思うみたいで
すっごく喜んでくれます。

アシュが隠れ家でコソコソしているので
何か持って行ってるな?
と思い、見に行けばいいのですが
見に行かずにアシュに声をかけます。
「アシュ~ママにそれ持ってきて~。」
アシュはニコニコしながら走って
私のブラジャーを持って来ました!!(゚ロ゚屮)屮
どっから持ってきたん?・・・

そしてここからさらに今遊んでるおもちゃや
大好きな食べ物でも
「ちょうだい。」と言われたら
ママの手に。
「いらない。」と言われたら
その場に置くという風に渡したくないようなものも
わざとやります。
チビたちは最初はあげたくないんですけど。。。
というような素振りをします。
私は無理矢理咥えているものを取ったりしません。
自分の意志で口から放すのを待ちます。

食べ物や好きなおもちゃに夢中になり
近づくと唸り、手を出そうものなら噛まれるという話を聞きますが
そのようなことを防止するためにも
ワンコが小さいうちに楽しみながら
遊びを通して予防しておくといいかもしれませんね。

RIKUは最近食べ物で挑戦。
最初は渡したくない意思表示をしますが。。。

覚えたてホヤホヤのRIKUちんにポチッ↓お願いします
にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村


| | コメント (6)

2011年9月 3日 (土)

怖いものを克服させる

先日、大型犬のワン友さんから
「バイクの音や、花火の音がすると犬がパニックをお越し遠くへ逃げてしまうので
名前を呼んで怖くないよと声をかけながらヨシヨシと体を撫でてあげるという風に
やってきたのですが
どうもその繰り返しにより、愛犬には
バイクの音又は花火の音=飼い主さんに呼ばれる=ヨシヨシされる=怖い
という印象になってしまったようで
以前よりいっそパニックになり逃げてしまうようになってしまった。」
とちょっと行き詰まった状態だというお話を聞きました。

怖いものって誰が何と言おうと怖いのは人間も同じですよね。
人間だと大人になるにつれて
いろんな経験をして行き慣れて知らないうちに平気になってみたり
自分で自分を暗示にかけてみたり
人間はいろんな方法で怖いものを克服しようと頑張って克服できるものとできないものがあるんですが
犬の場合はもっと簡単に怖いものが克服できる。

こちらの飼い主さんがやってきた克服方法は
間違ってないんです。
多くの飼い主さんがこのようにやってみたりはしてると思います。
でもうちの子は全然克服できません。
ということも多いと思います。
ではなぜそのような印象(怖い)になってしまったのか。

ポイントはここにあります。

※以下はあくまでも飼い主さんとワンちゃんの主従関係が築けていることが前提です。


まずこの飼い主さんの場合はノーリードで遊ばせてるときに
バイクの音や花火の音に遭遇してしまっていること。
この場合ワンちゃんが逃げてしまったりしてしまった後の対処になるので
どうしても対処が遅れる。
この経験を何度も繰り返すことによりワンちゃんには怖いという印象がついてしまう。

この場合、怖いものに遭遇するであろうと予測されるところで遊ぶときは
ノーリードにはせずロングリードなどをつけて遊ばせることがとても重要。

それとぶっつけ本番でいくら練習しようと思っても
結局予測できない状態なので人間も焦りそれが犬にも伝わり余計に怖いし
何度も同じことを繰り返したいけど
結局その1回でタイミングをはずして練習にならないで終わってしまうので
お友達などに協力してもらって
バイクの音をだしてもらったり、花火や爆竹をならしてもらったり
人間の方が準備OKの状態でちゃんと練習する。

そして練習方法でこの飼い主さんにアドバイスさせていただいたこととして
怖いものに遭遇したときに逃げようとするワンちゃんのリードを名前を呼びながら
ゆっくりたぐりながら自分の方に引き寄せる。
たぶんワンちゃんは逃げたがるでしょうが
そこはゆっくり自分の方へ引っ張ってでも寄せる。

犬のあごの下あたりの首輪に下から片方の手を入れてグッと握っておく
(犬に揺さぶられないでしっかりギュッとね。)
もう片方の手で普段撫でられてウットリする場所があればそこを撫でながら
「よしよし」と声をかけてあげる。

とここまでは皆さんやってると思います。

肝心なのはその「よしよし」をいつまでやるかです。

犬は怖いと緊張します。
体がカチカチになってます。
そのカチカチが緩むまでです。

時間かかりますよ~。
でもそこまでやらないといくら何回練習しても
怖いものは克服できません。
一度でいいからそこまで撫でてあげてみてください。
「あっこれか。」っていう経験をしてみてください。
そこで初めてワンちゃんにこちらの気持ちが伝わったと理解していいと思います。

このワン友さんのワンちゃんはそこまでやってなかったために逆の印象になってしまったんだと思います。

怖いもの=飼い主のところに行けば安心
そんな印象になれば
その他の怖いものに遭遇したときでも
ノーリードでも飼い主の元へすっ飛んでくるようになります。

理想は犬が怖いかも~って思ってるところを素早く人間が察知して
逃げたり吠えたりする前にこのような方法をとってあげることですね。

犬にとって魅力的なリーダーは
「強くて優しくておもしろい人」だそうです。

ここでいえば
首輪を持ってる手が「強くて」
撫でてる手が「優しくて」
に当たりますよね。
「おもしろい」は一緒に遊んだり会話したりを言うんだと思います。

この方法って結構いろんなことに応用できますよwink

※ご注意※
噛む気質のワンちゃんにはこの方法は向きません。
(別な方法で接します。)


にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2011年4月20日 (水)

毎日の光景(お部屋の出入り編)

チビ達は平日はRIKU以外はおチビ部屋内の各々のゲージ内で過ごしています。
RIKUはおチビ部屋内でフリーです。
ゲージ内には各々トイレも設置してあります。

私が帰宅してみんなをゲージから出すと
みんなが最初にすることは
ゲージの外に設置してあるRIKUの巨大トイレで一斉に
大だの小だのをしはじめます。

だいたいみんな済んだらおチビ部屋を解放し
リビングで遊んだりくつろいだりしています。

我が家にはルールがあります。
家の中でも外でもママより先に行かない。

たとえば部屋の戸を開けた瞬間にママより先に行かない。
玄関の戸を開けた時にママより先に出ない。
エレベーターが開いてもママが動き出すまで動かない。(先にも出ない。)
もちろんそれが外での散歩での危険回避や
周りの人への気遣いにつながります。

我が家は集合住宅。
私より先にエレベーターから犬が出てきたら
待っていた人が驚きます。
玄関から犬が飛び出してきたら廊下を歩いている人が驚きます。
ましてや犬嫌いの人だったら。。。

ということもあり
ママが帰って来ておチビ部屋からリビングまで行くときの様子を
再現してみました~~
毎日こんな風です。

RIKUがデッカくて後ろのチビ達が見えないよ~ポチッ↓
にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2011年1月11日 (火)

予想していた通りの問題行動

最近のRIKUは随分積極的にお友達と遊ぶようになりました。P1110239
近所のお友達とも最近はボールがなくても
一緒に走ったり絡んだりしていますP1110237

見ていて本当に微笑ましくて癒されます。P1060229

同時にきっとそうなるであろうと
想像していたことが
やっぱり起きました。

それは散歩中に会うワンコにも興味を持つこと。
そしてきっと寄って行くだろう。。

その通り。
今までは散歩中にワンコが前から来ても興味がないので素通りしていました。
相手の子が寄って来ても知らんぷり。

ここのところ
散歩中に前からくるわんこに離れた距離から
反応するようになりました。
そして今まで気にしなかったハトにも少し興味を持つように。。。
さて
その結果RIKUはどういう行動をするようになったでしょうか?

想像通り
前から来たワンコに飛んで行くようになりました。(もちろん遊んで欲しいだけで攻撃性はまったくありません。)
そしてハトも飛んで行く姿を見て自分も飛んで行くようになりました。

この行動は私の想像通りです。
他のワンコと一緒に遊んで欲しい。。。
そう思う私が居る中で
そうなったら同時にきっとこんな問題が起きるだろうと。。。

いくら攻撃性がなくても急に前からくるワンコに行くのは
その大きさゆえに相手のワンコのみならず
飼い主さんも驚きますし、怖い思いをしますよね。
RIKUにはそれをやってもらいたくないので
今教えています。
でも。。。
お友達とは遊んで欲しいので
それも教えています。
すっごく難しい課題ですが
そこは今まで築いてきたものがとっても役に立っています。

いくら優等生だと言われるワンコでも
いろんな経験を積んで行けばいろんな問題も出てきます。

そんなことを予測しながらRIKUとも接していました。

ハトに反応するRIKUを予測して私のとった行動でRIKUが
ハトよりママをとったことはその成果かな?と思っています。
そして前からくるワンコよりママを取ったのも
その成果だと思っています。
(何回かはすっ飛んで行かれましたがsweat01

今後の課題
お友達わんことは楽しく遊んで
散歩中に勝手な行動をしないこと。

そんなこと。。。できるでしょうか。。。( ̄ー ̄)ニヤリP1100233

やってもらおうじゃないのポチッ↓
にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (26)

2010年12月 5日 (日)

おヒマな~ら見てよね♪♪~

ご心配おかけしました。
ココアの傷も目立たなくなり
持ち前の強さで
その後ココアも精神的にも全く問題なく普通の生活にもどっています。
応援メッセージ。電話。。。
本当にありがとうございます。

私もメソメソナヨナヨしてられませんので
頑張っちゃいますよ~~rock

サスケと心が離れたり
RIKUにかわいそうな思いをさせたり
ワンコと共に暮らすって
楽しいことばかりじゃないけど
それもこれも
人間よりはるかに短い犬生。。。
ママと一緒で良かったと思ってもらえるように
ママは頑張っちゃうもんねhappy01rock

かなり長い動画です。
ヒマな時に見ていただければと思います。。。
今朝の散歩ですhappy01


いつまでもママと一緒に歩こうねポチッ↓
にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (12)

2010年11月22日 (月)

わんこ倶楽部関東支部オフ会in 毛呂山

久しぶりの森田流の仲間とのオフ会。
7月のしつけ教室の時にご一緒させていただいた
神経質で臆病なチワワのくまちゃんや
これまた神経質で臆病なトイプーの宙(そら)ちゃんも来ていました。
なんだか見違えるようになっていて
みんなと上手に遊んでいました。。。
皆さんとても努力なさってるんだな~~~。。。
それに引き換えサスケのしつけに行き詰まってる私。。。。
今はサスケとの関係をリセット中。
サスケの攻撃性を考えるとこの日の参加は断念せざるをえなかった。
皆さん、「せっかくだから連れてくれば良かったのに。。。」
(しつけの練習ができると言う意味で。)
ととてもありがたいお言葉をいただき、
森田流のしつけの仲間だからこそ
そのような言葉をいただけるんだと
このような場があり、参加できることにとても感謝する瞬間でした。

我が家の本日の参加メンバー。。。
RIKUママ、アシュ、ヴィヴィアン、RIKUです。
期待の眼差しではなく鼻coldsweats01Pb210237

この毛呂山のドッグランはこの夏、RIKUと新規プールの開拓しに行って
プールが小さくて温まってしまっていて
RIKUがプールに入らなかったところです。

しかしこの日はニューファンにとっては暑い陽気となり
RIKUはプールをガン見していました。
でも今日は別行動はできません。
我慢して頂きましたbleah
そしたらRIKUったらラン内の水道の受け皿?みたいなのに水が溜まっていて
飲むのかと思ったら違うんですよ・・・
一生懸命前脚入れて後ろ足も入れてつかろうとしてるんです
ここに・・・Pb210243

みんな大笑い(≧m≦)

そんな中チップパパがクイズを始めました。
皆さんに〇☓の紙を配布。
森田流ですからね~~~
森田流のしつけについてのクイズでしょ~~?
と思いきや第1問目が
「アポロが月面着陸した時、最初に着いた脚は右足だった。○か×か?」
ですと~~~~
おったまげ問題ですよ~~いきなりhappy02わかるか~~~~んなもん。。。
と笑いが出る中、
もちろん森田流のしつけ問題もあり
「犬がしっぽを激しく振ってるときの心理は良い心理?」
など森田流の方なら誰でも知ってる常識問題だったので
さすがに間違える人はいませんでした。wink

ダイエットに成功した太郎くん。70キロから60キロになったんだって。
Pb210272

他のわんこに攻撃して噛んでしまう小梅ちゃん。Pb210267

今日はまったくそんなそぶりなし。
どの子よりも森田流のおだやかなわんこぶりを発揮してました。
飼い主さん曰く、森田流のわんこだけは大丈夫なんだそうです。
森田流のわんこは犬にも人間にも優しいんですねconfident

やっと会えたね~~~~
ちゃちゃまるくんnote
笑顔が最高sign01Pb210274

あんなに臆病だった宙(そら)ちゃんが
RIKUにこんなことを・・・
すっごい進歩だ~~~~Pb210265

くまちゃん、いいソファに座ってるねPb210280


Pb210278ソファじゃなくてRIKUでした(*^m^)
くまちゃんもRIKUに平気だし。。。
犬だと思ってない感もあるけど・・・smile

そんなこんなで盛り上がり今までにない
ワンコ倶楽部の色が出たようなオフ会になりました。

そして時間がまいりました。
みんなで心をこめて作って来た折り鶴を色分け作業ししていますPb210281みんなの願いが届きますように。。。confident

帰りの車では
Pb210292

Pb210293グッスリでしたhappy01

RIKUママも関越三芳PAでグッスリでしたsweat01
8時半ごろ目が覚めて
慌てて帰ったのはいうまでもありませんcoldsweats01

おつかれさま~ポチッ↓にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村


| | コメント (25)

2010年9月15日 (水)

グーちゃん?

えっ?

グーちゃん?
目が違う。顔が違う。動きが違う。
グーちゃんの皮をかぶったグーパパさん?

グーちゃんことワイマラナーのグーフィくんは
近所のお散歩友達。
先日もひぬまのプールに一緒に行ったグーフィくんは

いつも飼い主さんを左へ右へはたまた前へ後ろへと
引っ張ってあおぞら公園まで来る間にママさんは大汗をかいてやってきます。P8290113プールの時のグーフィくん

いつも遊んでいるワンコ友達とはそうでもありませんが
公園へやってくるワンコや人に吠えたり
散歩友達の飼い主さんにマウントしたりとかなりのヤンチャぶりを発揮していました。

ママさんはとっても明るい方で話していてもとても楽しく(どれだけ面白い方かはこちら
近所ということもあり、お得情報などのやりとりもしたりと仲良くさせていただいてました。

ところがある日ママさんとグーちゃんの姿が公園にあるのに
遠くから会釈だけをして帰って行ってしまったんです。

少し様子がおかしいな~と思いつつ、リリママさんとおしゃべりしていたら
なんとグーちゃんが小さいワンちゃんを噛んでしまい傷つけてしまったらしく(現在は後遺症もなくすっかり完治しています。)

その飼い主さんではない友達と言う人に
「他のワンちゃんに傷を負わせておいて、よく外を散歩できるわね。」
「この周辺の友達みんなに言うわよ。あの犬は危険だと。」

・・・などなど散々言われた後だったらしく
ぐーままさんはあの時くやしくて泣いていたんだそうです。

心配でぐーままさんに事情を聞いたところ
「くやしいけどグーフィが傷を負わせたことは事実だし言われても仕方がないと思う。傷つけてしまったワンちゃんに直接あやまりたい。」と言っていました。

そしてのちにグーママさんがとった行動に私はビックリsign03

グーママさんはしっかり直接相手の家まで行って頭を下げてきた。
そしてあまり興味があるように見えなかったのに
「森田流DVD買っちゃいました。」とメールが送られてきた。

「今までグーフィのことは自分たち家族だけがわかってあげればいいんだ。と思っていましたが、傷つけたワンちゃんに対して本当の意味で償うにはグーフィを良い子にすることだと思うんです。」

私はそんなグーママさんのまっすぐな姿に心打たれました。
あれからまだ数カ月・・・・

グーちゃんのスゴイ変貌ぶり。
先日第2回目のしつけ教室に参加してこられて(その時の様子はこちら
何かを得て帰ってきて昨日初めて会ったら

今までのグーちゃんとは別犬になってる。。。

動きが違う。断然歩数が違う。
ジッとすることのなかったグーちゃんがままの横で穏やかな顔をして座ってる。

なんでや~恐るべし森田先生パワーsign01

ママさんも本当に大喜びなさってました。
そしてなんといってもグーちゃんのあの穏やかなマッタリ顔は
今まで周りをキョロキョロと気にしていた時の顔と全く違う。

イケワングーフィgood
ワイマラナーがこんな風にしてるとカッコよすぎだよ~~~~shine
それといつも力の入ったリードを持つ手と
ウカウカゆっくり話もできなかったママさんと
ゆっくり話もできてなんだかいろんなことが変わったね。
ママの笑顔も最高でした

サスケの練習相手にもなってくれてありがとうnote

よっしゃサスケもがんばろう

こんな日がまた来るかな?Img_2010_05_04_5809

いつもありがとうございます。一足先にグーフィくんおめでとうポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (14)

2010年9月13日 (月)

どんな存在よ~

並びができてます。

キッチンに。。。

見事に1列に並んでるeyeCimg0672RIKUの抜け毛が始まって掃除機かけてもかけても
毛が浮遊してます・・・sweat02

ところで本日もあおぞら公園まで行く間に何頭ものワンコとすれ違い
すべてのワンコに飛びかかろうとしたサスケthink
せっかく寄って来てくれた可愛いチワワちゃんにまでimpact
ママは予測していたのでサスケを家で育みつづけていることを
行動される前から実施。
私がふっ飛ばされ、それでも突き進むサスケ。

ママも負けじと頑張りどうにかママの勝ちsweat01
でもフレンチってスゴイ 力がある・・・・。

一つわかったこと。
私はサスケに全身の力を使わないと負けるということ。
奴には内緒だが・・・

もしやそこがポイント?

ん~わからんが次回の散歩からは全身の力出すしかないな~・・・

それとそれとわかったのは家では私との主従関係ができているが
外へ出るといきなり強気になること。(主導権を握ろうとする。)
だから外での主従関係を深めることだな~。。。

でね。
なんでりりちゃんにはこうなの?
Cimg0686君にとってリリちゃんってどんな存在?

いつもありがとうございます。
手ごわいサスケが楽しい散歩ができるよに願いをこめてポチっとお願いしますconfident

にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (16)

2010年9月 8日 (水)

もう一つの西湖

RIKUが船を引っ張ったりしたことに感動していた私。
一方、それ以上にたまらなく嬉しくて
涙が込み上げてきそうになっていたことがあった。
その感情は今もなお続いている。

もしかしてこの前の記事で
城南島のワンコのオフ会に参加された方は
気付いている方がいらっしゃるかもしれませんが。。。

今回の西湖行きは本来ならRIKUだけを連れて行くはずだった。
他のチビたちが一緒だと時間に限りがあり
お友達も一緒なので迷惑になるといけないからです。

でも私の心の中でスズを一緒に連れて行きたい。

スズは今まで他の犬がどんなに遠くにいても
目に入れば狂ったように吠え
ママが抱っこしてても、その手を飛び越えて行こうとし
ママの制止もスズの視野には入らなかった。

またママには絶対噛んだりしないのに他人の手もスズに近づこうものならガブッimpact

可愛いのにワンコのお友達もできない。
知らない人は可愛いですね。と近づいて来ても
「噛みます。」と言わなければいけない。
当然、出しかけていた手をふと引っ込めるせっかく来てくれた人。

スズのようなワンコは社会化を勧めて行ってあげなくてはいけないのに
結局多頭飼いの悪いところは他のワンコもいるので
ちょっと出かける時、問題の少ない他人様に迷惑をかけないワンコを
連れて行く。
スズは他のワンコより断然お留守番が多くなり
社会化もできないという悪循環な形になってしまっていた。

だから今回お友達も来て、岸で待たせなくてはいけない状態になるにもかかわらず
「スズを連れて行きたい。」そう思うのは今まででは有り得ないことなんです。

最近のスズは全く吠えなくなったわけではありませんが
ママの声が聞こえます。
吠えてもやめます。そのあとは吠えません。
ママが先手を打てばズズはワンコがいても吠えません。
と同時に知らない人が頭を撫でても全然平気になりました。
他のワンコがワンワン言っても
気にならなくなりました。
平気でその近くでおとなしくしていられます。P9040289隣に鈴姫ちゃんがいるのに全然平気なスズ。今まででは絶対あり得ない光景。

だったら。。。
今までできなかったことやろう!
スズはRIKUと一緒でボールもお水も大好き。
人やワンコがいっぱいいるけど、もう大丈夫だもんね。
今日はスズもいっぱい走って泳いでねnoteP9040274

スズは何度も何度も泳いではボールを取って来て
すっごく楽しそうで、そんなスズの姿を見て泣きそうになり
スズちゃん良かったね。。。と心の中で叫びながら
ボールを投げてる自分がいました。(今もウルウル。。。)
スズが足のつかないところまでくると
ひょいっと飛んで泳ぎ出し、またその泳いでる姿が可愛くて可愛くて←完全親バカP1010901

スズとRIKUと私と湖を並んで泳いだり
楽しんでいたら帰りしなに
「あ~ホラ、さっきの小さい子だよ~!かわい~!」とスズが言われて
スズを初めて可愛いと言ってくれた。。。とまたまたウルウルweep
外では吠えてばかりで可愛いなどと言われたことがなかったので
いつも注目されるRIKUが近くにいるのに
スズを可愛いといってくれてママは嬉しくてたまりませんでした。

そんなもう1つの西湖の裏話があったのでした。

いつもありがとうございます。
スズ思いっきり遊べて良かったねの↓ポチお願いしますhappy01
にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ
にほんブログ村

| | コメント (20)

より以前の記事一覧